飼い猫が年齢を重ねてきて腎臓に石ができてしまいました(泣)

“飼い猫の排尿が数日なくなってご飯食べなくなり
おかしいと思い病院へ連れて行きました。
先生の検査の結果腎臓に石がたくさんあるとのこと
増えては行くけど外科的処置をしない限り減らないとのこと

当日は注射2本もされて、尿の出がよくなるようにしてもらった。

食事は塩分コントロールされた病院食のみと言われ、
ほかのものを食べさせないように、家の食べ物も管理・指導されました。

持ち帰ったその病院の食事全く食べず、痩せ衰えていく猫がかわいそうでした。

5kgあった体重は3kgまで減り、抱っこするのも軽くて驚くほどです。

このままでは危ういと病院に相談。

病院食には変わりないがサンプルの缶詰をもらってきました。
その缶詰は食べたため大量に購入(結構高い。。。)

缶詰ばかりではまた石がたまるけど、食べないよりはいいとのこと。

混ぜてあげてもたべない…。

缶詰だけだとだめだし、ちょうど良い食べ方を見つけるまでにしばらくかかりました。

少量缶詰を少量ドライフードと混ぜる(食欲刺激)

なくなる→ドライフードにも食欲が移行する

結局はお腹がすいているので食べるしかない

と言う感じで病院食も食べて体重も戻ってきました。

病院食にはたぶん薬が入っていてあたためも意味なかったです(汗)
嫌なのかなと思います。

若いうちからの塩分コントロールは徹底してあげた方がいいとおもいます。
鰹節とか勝手に開けて食べちゃう子だったので。

おすすめサイト⇒フィラリア予防薬 通販

カテゴリー

アーカイブ